corocoro2004の最近のブログ記事

爆封。

| トラックバック(0)

爆封スラッシュ!キズナ 嵐 ソフト単体版
爆封スラッシュ!キズナ 嵐 Eye Toyカメラ同梱版

漫画は大好きだけれど、ゲームは遊んでいないのでよくわからなかった爆封スラッシュ!キズナ 嵐、コロコロの記事を読む限りすげえなアイトーイ。カードも読めると思わなかった。でも、いろいろ問題があるみたいだ。上のリンクで単体版の方、Amazonさんレビューで買ったお父さんの怒りが爆発(^_^;) 付属のツメの緑色がだっせぇなあ、と思ったら、このミドリに意味があったのね。色で判定してるのかあ。コントローラーいらずでRPGが遊べるのは画期的だし、カードとの連携で遊びが広がるのもいいなーと思うので、家具に反応しないようにバックスクリーンも同梱した方がいいのかもしれないやね。部屋の片づけってどのくらいの範囲をやる必要があるのだろう。ウサギ小屋な我が家じゃダメなのかな。まだ本数があんまり出てないようだけど、これからコロコロが煽りまくってのびてくるかも知れないので、問題が大きくならないといいのだけれど。

漫画の方、嵐っておにいちゃんだったのかあ。血がつながっているとは思わなかった(^_^;) ゲームの主人公が漫画で弟に説教されるのも味わい深いね。つかリュウのおでこに視線釘付け。

コロコロ11月号。

| トラックバック(0)

今回、一番面白かったのはかっとびレーサー!ダンガン狼。にぎやかし的キャラがこんなにかっこよかった漫画を初めて読んだ気がする。ドキドキしたよ。ギャラリーのお子さんたちもちゃんと見ていて『まるおさん』と呼んだのが凄くよかった。

新連載の爆封スラッシュ!キズナ。青木たかおさんはやっぱ力あるよなあ。絵の見せ方がうまい。文武両道、でも極端なマニュアルくん、と言う主人公は魅力がある。話としてはよくある魔物封印ものだけど、読んでてついうっかりゲームを申し込みそうになったぞ? おまけのツメを見て思いとどまったけれど。ゲームに危険な香りが漂っているがまんがのパワーで結構売れるんじゃないだろうか。ゲームがまんがの足を引っ張らなきゃいいなと思う。

今回のケシカスくんは、本編よりも勝ち抜きバトルがサイコーだった。不出刃故いいよー。笑ったー。

B−伝説!、グレイの妹萌え度が異常になってきたよ(^_^;) 顔がヤバイ。別方向だけれどキャラが立ってきたのでこれはアリかも。二の線は完全に炎呪へバトンタッチか。

これからどうなるか全然見えないけれど、こんな中途半端にのっとるならば、マスターウィナーズをやる意味が全然無かった気がする。大和ヤマトとゆかいななかまたちしか勝ち抜かなかったんだから。俺たちをおびき出すためだけにこんな酷いことを!! ってか。ツバメは負けたけれど新型機を持っている関係上、話の進行にはからむんだろう。リーは参戦しないで兄ちゃんに機体の半分を持って行かれる可能性があるけど。向こうさんが6人、ヤマト達も6人なので、どこでカインが出てくるのか気になるな。

メガディアブロスを買うべきか否か迷うよ。戦隊ものの怪人みたいなフォルムなのに一八九〇円。たっかいよ!! これよりスーパーアルティメットシューティングの方が凄く欲しい。でも五七七五円!! このふたつは完全にクリスマスプレゼント向けだよな。でもよい子はニンテンドーDSを買って貰うべきだよ(^_^;)ケタが違うか。

爆走兄弟レッツ&ゴー!!テーマ曲集 PLUS!

DISC-1
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」から
1 ウイニング・ラン!−風になりたい− :山形ユキオ
2 FLESH & BLOOD 〜二つの想い〜 :G-CRISIS
3 YO!BROTHER :BOOGIE MAN
4 傷つくこともできない :梶谷美由紀
5 恋のターゲットボーイ :THE PINK HOPS
6 夢の涯てまでも :PERSONZ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGPから
7 GET THE WORLD :影山ヒロノブ
8 Grow up Potential〜夢に向かって〜 :GANASIA
9 Tune-up Generation :松宮麻衣子
10 We are the VICTORYS :the VICTORYS
11 今夜はイブ! :レッツゴーBOYS & GIRLS

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!」から
12 GET THE WORLD -version XTO :影山ヒロノブ
13「俺たち」のテーマ :影山ヒロノブ with コロコロキッズ

DISC-2
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX」から
1 BRAVE HEART :鋼鉄兄弟
2 CRUSH ME, CRUSH YOU :鋼鉄兄弟
3 GUTS BOY, TOUGH BOY :鋼鉄兄弟
4 My name is カーボーイ :影山ヒロノブ with KIDS MAX
5 RIDE on DREAM :鋼鉄2号(コーラス:鋼鉄兄弟)
6 Far Away :鋼鉄2号(コーラス:鋼鉄兄弟)
7 MUTEKI Fight it out :鋼鉄1号(コーラス:鋼鉄兄弟)
8 風のYell :鋼鉄1号(コーラス:鋼鉄兄弟)
9 僕らのFREEDOM :YUKA SATO

企画CD「爆走兄弟レッツ&ゴー!!GIRL」から
10 夢以上、恋未満−ファイターレディーのテーマ− :今井由香
11 Lady, be BAD! −ジュンのテーマ− :西村ちなみ
12 Bongo, Bongo, HAPPY! −サバンナソルジャーズのテーマ−
:兵藤まこ,木藤聡子,大谷育江,渡辺久美子,今井由香
13 My little WAR −マリナのテーマ− :池澤春菜
14 I want FIRE−ジョーのテーマ :矢島晶子
15 レディースグランプリのテーマ
:西村ちなみ,池澤春菜,今井由香,兵藤まこ,木藤聡子,大谷育江,渡辺久美子,高乃 麗,渕崎ゆり子

で曲目は決定とのこと。無事、主題歌は全収録と言うことになりましたよ。よかったよかった。でももっと入れて欲しかったのが結構あるんだけどなー。

あおん的には、コンセプトスーパーバイザーとして名を連ねた関係上、爆走兄弟レッツ&ゴー!!GIRLの曲が収録されたのは嬉しい。つか、Girlの曲ってみんないい曲よ? この機会に是非是非聴いてちょうだいませませ。

ジャケットは初代の絵がメインになるってー。これにWGPとMAXが組み合わせになるんだろな。

あと、(ピー)が(ピー)しそうだ。時薬って奴ですか。ちょっと違うか。まだ書けん。

みなさま台風の具合はいかがですか。今日は残業を覚悟して出たけどうまく定時で終わったのでもくもくとバトルビーダマンゼロを組んだ。

ジェネラルワンアーマー・ヘリオブレイカー・ブーストマグナムアーマー・鳳凰丸・ウイングカイザーアーマー・マガジンブレイカーアーマーを組み終わる。買っておいたゼロ素体も組んだのだけれど、ブルーだった。ウィングカイザーやマガジンブレイカーにぴったり。でも実はジェネラルワン用だったのでちょっと困った(;´Д`)

ジェネラルワンは、プロトワンの量産型という位置づけだが、グリーン系の渋い色で素敵さ倍増だと思う。でも、機体とシールの色が微妙にずれているのが今ひとつ。色味の調整をして欲しい。まんがのキャラクターが持たないのでプロトの名を冠しているが、ゼロシリーズの中では好きな機体のひとつなので選手権で持ってるビーダーを見かけると嬉しくなってしまう。

今回は試射してる時間が余り無かったのだけれど、それでも言えるのは鳳凰丸のクローショルダーがダメすぎ。すぐに外れる。観賞用パーツだと思う。おかげで鳳凰丸のおいら的評価がぐっと下がってしまった。どうも手に馴染まない機体。今回組んだ中ではウィングカイザーアーマーが総合力で勝ったか。ブラッディカイザーの暑苦しさを覆したカラーリングがすばらしい。トリガーの形状も好きだ。

ブラッディカイザーのブラッククリアバージョン、組まないでとっておこうかと思ったが、そういえばプレーンクリアのゼロ素体が欲しかったのだと思い出した。次はここから組もう。つか、どうやらシャドウバスターアーマーを買っていないらしい。でも翼影丸にバレルプレートアーマーってだけだもんなあ。翼影丸のグレイバージョンも手元にあるからやっぱりこのままスルーしようかしら。

また機体がたまる。

| トラックバック(0)

土曜日にアクセルレオンとシールドギガとドラゴゲイルとゼロ2素体を組んで、未組立ビーダマンを結構消化したのだが、今日クロムレヴァンと蒼龍王と紅龍王を買ってきたので残り数量があんま変わらない(;´Д`) 鳳凰丸とヘリオブレイカーは発見したよ。それとたぶんブラッディカイザーの限定もの。でもアーマー関係がまだだ。ジェネラルワンとブーストマグナムとウイングカイザーか。ジェネラルワンはかっこいいので早めに発掘したい(;´Д`)

アクセルレオンは、見た目のバランスがすばらしいと思う。背負ってるスピードローダーマガジンのボリュームといい、足もとといい。ヘッドパーツも組んでて感心した。大ぶりの機体が好きなんですよ。でも、やっぱ実践的じゃないよスピードローダーマガジン。コバルトセイバー的にカラーリングされて別売りパーツになったぐらいだからきっと人気があると思うんだけれど。活かすには片手撃ち中にもう一方の手でマガジンを使った弾拾いの練習が必要。それと弾が切れたらマガジンを抜かないと給弾出来無いのは百も承知なのに、やっぱり抜かずに入れようとしてしまう。現状、手で拾ってペットボトルマガジンにぶち込んだ方が速い。スピードローダーマガジンの上下両側がローディング機構付きなら使えるかも。まあ、アクセルレオンはスピードローダーマガジン抜きでもポテンシャルが高いので買い。サーバーとロングトリガーウィングの形状がいいよ。撃ち心地がいい。所有する快感が他の機体よりもある。高いけど。

シールドギガの安定感は素敵だった。バレル出口の両側にある出っ張りに指をかけるとよりがっちり安定する。別売りされるだけはあるね。ドラゴゲイルは長さが可変のバレルやマガジンより、とにかくしっぽが使える。アクセルレオンにつけたいかも。

クロムレヴァンは横から見るとわりといいけれど、正面は、頭部や肩がけっこうずんぐりむっくり。クロムゼファーとどっこいかな。ああ、ゼロ2素体がシルバーなのでそれはいいかも。ローラーコアやウィングなどの特性は生かせないけれどDHBモードにしてバトルマガジン&グリップを装着したカタチがクロムレヴァンの完成型だと思う。これは素直にかっこいい。攻撃的なフォルムだ。

蒼龍王と紅龍王も横はいいと思っていたけれど、頭が大きい? バレルでバランスをとる分まだ蒼龍王の方がいいかなあ。紅龍王は『零二式』の文字が大きいところがかっこいい。でもやっぱりこの2体は超龍王にしてこその機体だなあ。

B−伝説!バトルビーダマンは、主人公キャラがカスタマイズについて語るのがなかなか新鮮だった。ノーマルでうぉおおお! てのがコロコロの基本だと思っていた。実戦的で非常に好ましい。犬木さんイカス。ウェン・リー兄弟対決が予選で終了してしまったので、次回からウェンは超龍王を持つのだろうか。敵が持つと思われるメガディアブロスは久々の電動マシンらしい。ドクタータマノスペシャル以来か。玩具としてバブリーな時期に入ってきたかも知れない。総メタルになったらもうキケン。

人気からするとTVアニメがあっという間に終わってしまった感が強いデュエル・マスターズは映画化が決まった。まんがよりでTVアニメの新シリーズをやってくれた方が嬉しいなあ。つか、白凰さまは記憶というか経験に基づかず、素で強いのな。イカスよ。でも記憶が戻ったら、現在のことは忘れてしまうのだろうか。

青木たかおさんが久々に帰ってくる。キズナは、やっと出るアイトーイの正しい使い方ゲーム(初期投資が必要だし恥ずかしいし記事を読むと面倒そうなので個人的にはまず買わないが注目の一本)だけれど、それはおいといてもまんがが面白そうで期待大。

こないだ誉めたポケットモンスターエメラルドがコロコロ本誌に読み切り掲載された。連れがロコンだけじゃないので別コロよりもだいぶ話が進んだ感じ。お辞儀で頭突きネタは別コロ読者へのサービス?

でもって、別コロよりなんだか余裕がない印象。頑張って描きましたって感じ。アンケートどうなるかな。別コロで数話やってから本誌に載せて欲しかった気がするなあ。発売時期に載せないとタイアップまんがの意味がなかったんだろうな。

お試し読み切り四コマからずっとあおん的に大プッシュしているケシカスくんが熱い。コロコロコミックで一番面白いのはケシカスくんだ。でんぢゃらすじーさんは最近病んでる気がする。今回のケシカスくんはカラー扉までゲット。おとしもの箱をオチに持ってきたのにやられた。まず引き取り手が現れないんだよな。水のりの台詞もイカしてる。村瀬範行サイコー。

ゼロ2くんだ。

| トラックバック(0)

たまったビーダマンを組んだ。B-Fight!!に写真がない機体はたしか全部組んでないんで(ぉぃ)、わさわさ組もうとハコを集めてみたのだが、アクセルレオンからしかねーじゃん。これは奥にしまったな(;´Д`)

1時間半かかってブレイジングカイザーとブラックナイトしか組めなかった。ブレイジングカイザーが面倒なんだよ。先に組むんじゃなかったよ。なんか無駄な突起が多い。こんなの実戦じゃぶっ飛ばすっての。ついでにヘッドのツノ(ブレイジングサイト)がプラスチック部分とアールがあわなくて浮いてる。変。安全設計はわかるがやりすぎでは。

先行販売のコバルトセイバーを組んだときから文句たれてたんだけれど、ブレイジングカイザーも下部のホールドパーツにほとんど突起がない。どこがデルタよ。こんなえぐれめぐれな、さわらないとわからないような。納得いかねー。けど、全然みんなまったく騒がないので文句たれてるのは俺だけだよ。ついでにコバルトセイバーのツノをしまい忘れた。WHFのとき、なくさないように大切にしすぎたよ。5年後に出てくると見た。

ブラックナイトもなー、シールのヌキ具合が甘いし、背のウイングに接地ローラーがついて機動力が上がっているのに、足にやわらか素材のカバー(フットメイル)がついてて、しかも足よりも大きいから接地してしまい滑り止めになっちゃう。なんだこれだせえ。コロコロに説明があっただろうか。まんがだとウイングにローラーがついているから動きがスムーズなんだ!! とか言ってた気がする。そのうちたしかめるか。

で、写真も撮ったのだけれど、カードリーダーを2つも行方不明にするって俺ならでわ。週末探すか(;´Д`)

別コロ10月号。

| トラックバック(0)

別冊コロコロコミックスペシャル(以下別コロと略・今賀さんはコロスペと呼んでいたなあ)は、現在目玉になるような連載が無くてややつらい。むさボンのスーパーボンバーマン4コマの為に買っているような状態。連載11年目だってよー。バクハツ一筋ですげえ。ちょーファンです。

別コロは本誌(月刊コロコロコミック)と同じ連載まんが(人気が高いもののみ)が載るので、それのファンなら購入って感じだ。別コロでちょっとイケた連載はすぐ本誌に持って行かれるからな。若手の登竜門というか。成り上がりを見守るのが正しい楽しみ方。

おおせさんのムシキングが本誌にも登場で、コロコロもムシキングに乗っていくんだなと思うんだけれど、カドの多い絵柄が苦手。実はこれがネックで読んでないんす。ムシキングは今賀さんが前にも書いたように小学一年生から三年生まで連載していて、ムシキングのガイドブックに収録されたのも今賀さんのまんがだった。連載を開始した時期がたしか今賀さんの方が先だったんだけど。小学館はどっちを担ぐつもりなんだろう。小学一年生はフルカラーまんがで豪華。小学二年生は一年生と同じようなストーリー、小学三年生はちょっと違う、と言った感じ。爆球連発!!スーパービーダマン連載終了以降の今賀さんのまんがは、さすがの実力なので安心して読めるのだけれど、どうも主人公キャラに華がないので、そこが一番気になっている。どこにでもいる少年を意識して作られているんだと思うのだけれど。全部かけるくんクラスというか。あとで形状を思い出せと言われてもつらい感じだ。

前にデュエル・ジャック!! が面白いと書いたのだけれど、別コロでも伊原しげかつさんの連載が始まった。ポケットモンスターエメラルド。やっぱり勢いがあって良い。今一番乗ってる作家さんじゃないだろうか。ポケモンものは数限りなく描かれてきたので、新規参入は難しいと思うんよ。でもうまくやっている。現在連載中のポケモンものだと、長期連載中の穴久保さんのギャグまんがはもう安定しきっているのだけれど、テレビのストーリーをそのまま書かされている感が強いてしろぎさんのまんががちょっとヤバイ。閉塞感ばりばり。このままだと伊原さんに喰われるんじゃないですかね。てしろぎさんは別ジャンルで何かやった方が良いんじゃないかなあ。

太郎さよなら。

| トラックバック(0)

うちゅう人田中太郎が唐突に最終回だった。本当に終わりならば、潔いと思う。事情はわからないけれど、いい引き際だったのでは。

本当に読者アンケート一位をとったのか? と疑問符が付くほどにとんとん拍子でアニメ化したけれど、面白さが理解できなかった。笑いがくどい。よく言えばたたみかけがすごい。もういいって、と言うぐらいだ。それが毎回。ネタの多くはカンチョーとトイレとタカシへのいじめ。コドモがいじめで肛門に大けがをしたニュースがあったとき、太郎は切られると思ったのに生き延びた。太郎は愛されていた。ホントに面白かったのか? なあ? 小学生との笑いの溝を感じた。でも最近はさすがに納得のページ位置にいた。そのあたりが妥当だろう。

最終回は王道すぎて、何年も前に描かれていたんじゃないかとさえ思った。タカシはいままでさんざんな目に遭ってきたのに、なんてお人好しなんだろう。正直言って、少し泣いた。お疲れ様でした。

うげげげげ(;´Д`)今気づいた
お盆の関係で発売日ずれてるのな。しまったー。つか、全然発売を楽しみにしてないのがバレた。

今のコロコロコミックで一番おもしれーのはケシカスくんで、次はでんぢゃらすじーさんだ。ギャグ優勢。デュエル・マスターズはかつての勢いを失いつつある。デュエル・ジャック!! のほうが面白いことがあるからな。おいらはもともとこういうレクチャー漫画が好きなんだけど。

カードまんがは、カードバトルをするのがメインなんだけれど、そのバトルのキホンは、主人公の出したカードには実はこーんな効果が!! で、あっという間に主人公不利な状況をひっくり返して大勝利! だよな。おいらカードに興味はないから、全然カードの持つ効力なんか知らないわけだ。だから毎回、ほほう、そりゃすげえや! と楽しめたけれど、わかってるヒトにはどうなんだろう。まあ、その号で発表になったり発売になったりするカードが切り札になることが多いのでネタバレはないのかも知れないけれど。

コロコロコミックに連載される漫画は、どんなジャンルでも敵に魅力がなくなると一気に衰退するような気がする。主人公をどうにかするよりも敵を練らないと。王道からあんまりはずれられない雑誌で描き手の方は大変だなと思う。でも、『敵』の前の『ライバル』が『友達』になった時点で、作品としては一山越えちゃってる。『敵』が出現すると言うことは、終わりに向かって走り出したも同然なんじゃないだろうか。コロコロのまんがは主人公がライバルにより磨かれていく過程が一番面白い。後は人気に後押しされているだけかも。で、息切れして終わる。敵の出ているまんがが多いコロコロはあんまり面白くないんだな。いまライバルがどんどん出ているのはダンガンくらいか。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちcorocoro2004カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはcorocoro2005です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    follow me on Twitter