corocoro2010の最近のブログ記事

DM、泣けた。久々にいい最終回を見た。次回からもう新連載が始まってしまう切なさになんて言ったらいいのか胸が詰まるけれど、面白い漫画をありがとう。書こうとした言葉はたくさんあるが今はやめる。

銀河、とととベイと書くはずが素で銀河と書いてしまったが、前回がああだと今回はこうなるしかないのでアレ。でも銀河がうれしそうなのでまあいいや。次からに期待する。オワリに驀進な宇宙最終決戦ものはやめてほしい。つか銀河がまた小さい子に惚れられた。

キメル、開始当初からどうも違和感が拭えずしかし言葉にできなかったのだがなんかわかった。キメルが苦しんでいたり決めゼリフを言ったり、普通だとおおおと盛り上がるところで…ここ、ギャグじゃないよね? という思いが脳をかすめる。真面目なところを額面通りに受け取っちゃいけない気がするんだ。コロッケ! とかじゃそんなこと思わなかったのでよくわからない。至極真面目に話は進んでいくがどこか上滑りしている。困った。

じーさん、誰のが見たいかといえばゲベだなー。何をとは聞くな。ケシカスくん、ぼんくら小学生の作文への思いを描ききった。おいらも毎日こんなに文を書く人間になるとはハナゲの先ほども想像していなかった。爆丸はキまくりやがっているな。解説入れてるライチがハンを押したように同じ顔をしている、と会社で読んだとき思ったのだが今見ると全然そんなことはない。何でだろう。印象かな? お菓子刑事は2ページお菓子だけだったので好印象。ブラックサンダーは最近まで知らないお菓子で、テレビで見て興味本位にドンキで購入したが盛り上がらず先日賞味期限切れを迎えた。この特集がもう少し早かったら! 仙台味噌とはあわなさそうだ。

ガクマンプラス、今回も面白かったなあ。満足度が半端ない。きゅーちゃんの話は次回が待ちきれないほどだ。パンの話もよかった。あの絵だからこそよかったな。あれもよかったこれもよかったって話に終始するので書かないが、ただ漫画は最高だがやっぱり原作がアレだよな、とどんよりしたのが名作コミカライズ。漫画のせいではない。もっと他のお話を希望。

学年誌も三月号で小学四年生の漫画も軒並み最終回だがだからこそ小学三年生三月号も買うべきだったのにぬかったわ。ないしょのつぼみ、つぼみがまた喪服を着たので今度こそ書くが、あんなふわふわミニな喪服はアレすぎるとおもうよおお。ばーちゃんがミニ好きだったのかああ。最後のコマ靴だけ白おお。

サンデーとコロコロ連携か、のポケモン漫画が気になるので巧いこと乗せられた気持ち。

読み進めてテンションが落ちてしまったので全部読んでないけどひとまず。ダンボール戦機、ホロセウムがないカスタムロボっぽいのかな。確認場面はアイコンタクトレジスターに似た感じだったなあ。それともあらかじめ主人公が登録されていて確認できたから使えたのか。DM、展開はともかく最後よくわからなかった。折れたのが落ちてきて落ちた? つぶされた? イナズマイレブン、豪炎寺さんかっこいいです。男です。じーさん、サングラスミマセンでしたくんの顔をどっか見たなーと考えたら電撃ネットワークの人かもしれない。だいぶ違うか。ケシカスくんは今回もハイテンションで面白いなあ。爆丸、主人公を活かすための脇の敗退は好きじゃないけれど戦略的な引き方で次回が楽しみになる。ガット、俺たちの王はのくだりはよかったなあ。燃えた。次回作に超ご期待する。ベイ、正直今回は保留にしたいなあ。どう書いた物かと悩んだ。彼らが死んだままでも生き返ってもどっちも厭だわ。安易に生き死にを展開に使うのはもう古い部類じゃないんだろうか。つか残念、だな。一言で言うと。わくわくする展開を期待していたので残念。何度か挫折を積み重ねて強くなる銀河なりの闘いじゃなくていきなり二度目の死亡、助けるために闘ってきたはずの仲間の犠牲で復活って。重圧を背負ってなお倒れない主人公銀河が見たいのに。挫折しかかったときに意識不明の仲間が念力で応援だけじゃダメなのか。銀河は仲間を殺さないとがんばれない子じゃないんじゃね? 竜牙の方が立ってるなあ。ここから銀河をどう立てるんだろう。

コロコロは商品販促を背負って描かなきゃいけないところはあるけど、それをどこかで超えないと読んでるこっちが凄さに転げ回るような漫画にならないんで、現在発売日に買わないと死ぬとかまでは思わない本になってるかも。と最後に書いたんだけど冒頭に書く文が思いつかなかったので移動してみる。2011年そういう本に戻ることを祈願。

ベイ、USAチームのキャラ好きなんすよね。顔が。ダミアンはカラーも良いな。ベイの単行本は一冊ずつ買うとすぐ読み終わっちゃうから三冊ぐらい溜まってから買おうかなあと思ったけど七巻の表紙がイイので困る。今回は銀河のめぢからがもどっていたのでよかった。でも何より127ページにむねきゅん。パパはバンダナがない方がかっこいいな。銀河のバンダナない姿も見られてむねきゅんポイント満載だな。ペンギン、トイレが見つからないネタは夢に見るのであっさり読んでおいた。イナズマイレブン、ゲームの4は主人公がキーパーじゃないみたいだけど、ああ、主人公なのにエースストライカーじゃない話は珍しいな、と好感を持ち評価していたので意外。ただ3作も作るとどんづまるのはわかるのでいい頃合いか。漫画の方は二人にあってる展開でよかった。モヒカンくんの頭部を触りたいといつも思う。じーさんはみみみちゃんに萌える。クロスオーバー的に最強さんと闘ってみて欲しい。ケシカスくんはスゲー。なんかパワーがぐいんぐいんあがっている。KUSABIは楔じゃなくてぺとっ、とくっつきそうなんだけどどうなんだろう。一投してみたい。DMは次回まで保留。ダンボール戦機はゲームの主人公があまりかっこよくないので漫画のキャラデザインも弱い感じ。動いたら立つのか見守りたい。お菓子刑事はとことん菓子に向き合ってくれないだろうか。つかコーナーがどんどん小さくなりそう。ジョーカー、両親は生死不明なのか。ただ海に墜ちているなら怪盗をしながら探してるというわけでもないのかな。ゴゴゴは悟空の泣きながら謝るシーンが結構貴重な気がする。爆丸、ハルバルよりライチがバトルする方が競技が立つのは何故だ。ハルバルは熱さ優先なコロコロの主人公だからか。キメルは嵐×静ちゃんが気になる。いろんな方向に妄想できておいしい。ガットは俄然面白くなってきたのにやっぱり終わるのな。勢いはあるけれど置いて行かれても無理してついて行かなくてもいいかな?と感じちゃう序盤や血ネタはやや生々しかったか。

ガクマンプラスも買ってきた。休み時間にコロコロ読んだ後に読み始めたけど、先に読めばよかったかなと思った。コロコロはあの漫画の続きどうなったかなーで読むけれど、ガクマンプラスは今回はどんなことを読ませてくれるんだろう、どんなことを知ることが出来るかな、と思うので新鮮味がある。学年誌の進化系として正しいな。しかも地味に算数のページもじっくり読んでしまった。教科書通り以外の解き方は面白いなあ。塾の漫画も面白い。子供の頃に読みたかったわ。昔の名作を漫画にしてくれるのも嬉しいし。活字で読んだはずなんだけど面白いんだよねー。腕かな。

コロコロG冬号とか。

| トラックバック(0)

デュエル・マスターズさあ、夏号と比べて絵が変じゃね? 線も夏の方が美しいし、主人公目が死んでるし、なにより夏に惚れたイケメンが美形度がくがくランクダウンしてるやん。同一人物とは思えない。スキャンして貼るようなアレサイトになりきれないのでお見せできないのが残念です。でも夏号107ページの彼どこお。また何かあってやる気なくしちゃったんだろうか。次号いつ出るかわからないような本だからか。

二ノ国、前にも書いたけど絵が好きじゃないのでゲームを買う気はなかったんだけど、漫画が面白かったので心が一寸動いた。販促漫画としても成功している。曽山さんは今回じーさんでよかった。本当はヒキガネみたいなのをやりたいのかもしれないけれどちょっとなあ。錬人はドンパチやった割に話が動かなかった印象。何回連載のつもりなんだろう。先が見えなさそうで、案外止めたいときにさっとひける構成なのかもなあ。

今回もどこに行きたいのかわからない本だなあ。イナズマイレブンもポケモンも普通にコロコロ本誌や別コロに載せて問題ないし、むしろ載せなよ的。兄貴と言っても一つ上くらい? コロコロ読者を中学入学とともにジャンプに持って行かれないために考えることがたくさんありそう。Gの漫画をサンデーに持って行けばいいのに。サンデーには全く興味がわかないので現状がつかめないが予告などを見る限り何故か古くさい印象がある。コロコロとサンデーは仲が悪いのかもとか思うけど、巧いこと連携を考えた方が良くないか。ああ、サンデーGXは面白いよ。

コロコロイチバン!も買った。ミロのみたくなった。わざぼーは、まーがものすごく小物だったので肩すかしを食らったなあ。イナズマイレブンは意外なコンビで面白かった。ダルくんとポケモンBWは火力が安定している。

また書いてない小冊子系。

カセキホリダー(ゲーム)、前作のころからカセキを削って粉をふーふー飛ばして復元する、というのがやりたくてたまらないのだが、その後の恐竜で闘うって言うのが面倒そうでやりたくなく、現在に至っている。屋台のカタヌキとかのノリで遊びたいのでDSiウェアでちょこっとカセキホリダーとか配信して欲しいと思っている。実際は苦労して復元した相棒と闘うのが楽しいんだと思う。漫画はそういうナカミだし。その辺がポケモンとは違う。3Dブック、これからコロコロも3Dの扱いに苦慮するようになるのかなあと思う。赤青めがねだとカラーが表現しにくいよな。つか、飛び出す銀河じゃなかったのが個人的に残念。んで冊子のベイ。相変わらずブレーダーDJを読むとソフトが欲しくなる法則発動。でもDSソフトのジャケットさあ、銀河の横顔ブサイクじゃね? アニメのキャラデはもともとこうなのか? 猿顔になってる。今回はゴーシュートにタッチペンいらないのかな。あれ音消して遊ぶとシュートしづらいから何とかして欲しいんだよなー。全面ボタンゲーにしたのか知りたい。まあ買うけど。発売日じゃないかもしれないが。ナイトメアレックスはあんまりかっこよくないかも。色が。おまけベイではWii版についていたカウンターレオーネが最強。そういや今日PSP版を改めてゲーム屋で探したがやっぱり見当たらない。入荷してないと見た。PSPユーザーとは客層がだいぶ違うか。週末ドヨで見てくるの忘れたんだよなー。

朝に買えたので会社で始業前にによによした。によによ。

おいらベイに全然詳しくないんだけど、フレイムビクシスには笑った。ぶふっとふくレベル。絵面が凄すぎる。2メートル超えのバスケット選手に子供が挑んでいるような。ベイは結構何でもありだなあ。んでまんがのベイ。自暴自棄ぎみの銀河を竜牙先生が叱咤に来たみたいだった。つか171ページを飾りたい。眺めすぎてまた開き癖がついてしまった。特に銀河の腕がかっこいい。パーツフェチ発動。ただ今号は銀河のめぢから弱めかなあ。心配事があるからだろうか。数多くの命を背負い一人で闘う展開は燃えるけれどどうなるのかな。じーさん、ゲベは『飼われている』とは鼻毛の先ほどにも思っていないと思う。イナズマイレブン、モヒカンくんがやっと折れた。思ったよりも長くかかったな。ケシカスくん、個人的に回転寿司の仕組みがよくわからないので面白いけど寿司屋を出てこられた理由が理解できなかった。キメル、初級のトリックで話を作るのは大変そうだ。いきなり全国大会だもんなあ。DM、究極の『誰だお前』状態に。爆丸がこんなに後ろに。漫画は面白いのだが正直競技内容がよくわかっていない。なんか弾くらしい。というレベル。ゴゴゴ、ジョン・レモンの歌に魂を揺さぶられた。

クロスファイトビーダマンはクロスオーバー的にペンギン以外のコロコロ作品がビーダマン化されるのかと想像を巡らせたりしていたけれどそんな気配はみじんもないな。ケシカスくんの腹からもビーダマが発射されると思っていたのに。ワイドマガジンはちょっと欲しい。入れやすそう。入り口側が写っていないのだが、P-08のワイドサーバーとは雰囲気違いそう。手持ちの機体は結構な数が地震で破壊したので記憶があやふやになってきた。今回はペットボトルを使わせない方向なんだろうか。昔のようにビーダーのアイディアが生きるレギュレーションならばWHFに行きたいなあと思うけれど、純正のカスタムパーツ以外使わせなくなってからどんどんアレになったな。なんかもう、楽しかった過去の思い出と化している(;´Д`) うちに来てくれてたビーダーはみんな紳士だったし。未だに誇りに思う。ビーダマン関係を書き出すと止まらないのでこの辺にしようか。

今回のブレーダーDJ激アツだったねえ。魂が震えるっつーか。顔がいつもよかゆがんでいる気がしなくもないけど勢いがあった。アフロの店長的にうちの店の前でなにやってんだーって感じかもしれないけど、店長に言いつけない子供達にも燃え。公募の商品てアレがナニだったりとか聞いたコトはあるけどこの際忘れて盛り上がった。ベイ、カケルはいくつなんだ。さらにその兄ちゃんのキョウヤは一体。つか、個人的に盾神家は大金持ちのイメージがあるがその自信を勝手に深めた。いままで銀河と引き分けた奴ってあまり思い浮かばないのでカケルすげー。レッツイナズマイレブン3は金持ちお笑いキャラかと思っていたロッキーが完全に主人公を喰っていた。ポケモンBWはコロコロイチバン!向きな気がしてきた。低学年層に読みやすい漫画かも。クリエイ太が普通に続いていてありがたい。次号もつづくようでよかった。今回もたくさん突っ込めるが面白い。鋭太が作るゲームはオーダーメイドというか、友達、個人を救うゲーム内容なんだけれども、今はコレで良いんだと思う。前略すこし関係があるギャグ外伝は今回も面白いなあ。ヤッターマンは読めなかったけどコレはしばらく続けて欲しい。ケシカスくん、栗きんとんは形が残ってる栗以外はサツマイモだったりするよな。安い奴。つかおいらそれが好きなんですけど。さらに安いとイモを栗型に切ってあったりするよな。全然関係ない話だけど。ゲーマーキングは最後のコマが弱い。残念。お菓子刑事、ゼラチンを水に入れてもふやけるだけで透き通ったゼリーにはならないだろう。ハウスのゼリエースだってポットのお湯が必要だぜ。ミルクール・ゼリーがおいしそうなだけに嘘が残念。ドラゴンバット、読めたけど耳がなあ。キャラ作りにもう耳をいじるしかなくなってきているのか。かっこよく見えないんだけど感覚が古いのかなあ。もいっこのイヤリング主人公DFKがおわった。倉谷さんは第1話のテンションとクオリティが保てない癖がついているような気がする。最終話はよかった。

コロコロが10ページぐらいぶち抜きで3DS特集やってくれるのいつぅ。
イナズマイレブン、どうも韓国戦っぽくないぞ。アフロディ先生は韓国人だったのか? とか。なぞ。日本チームも目立つ奴多すぎるから見せ場を作っては退場、が続くとなかなか凄いことになりそう。アメリカツノのベッカムくんは玉吉っぽい。ベイ、キョウヤさんとか昔(?)の仲間たちが来てるのに、ふたりで語り合っちゃう銀河と正宗さまはあまりにも正宗さまに死亡フラグ立ちすぎている。いや死んではいないが。正宗さまは今回が本編最高最後の見せ場だっただろうなあ。泣けるぜ。はい、おいら正宗さま大好きっす。決勝戦は銀竜ダブル必殺技とか拝めるかな。つか地獄の番犬と言えばケーニッヒケルベロスだろおぉぉぉ(略)。ベイのゲームはそろそろ漫画ベースのがやりたいです。ああ、竜牙先生とヘリオスがやる漫画も読んだ。二人ともすげえ楽しそうで、友達っつーか同じ部屋に喧嘩しないで自然にいられそうな関係が一瞬で築かれたっぽかった。つか竜牙が銀河のことを教えなければ地球は大ピンチにならなかったのかしら。映画見てないから妄想。じーさんは本誌の方がだいぶ面白かった。さすがゴゴゴよか読者のパンチが効いている。つかゴゴゴ、三蔵はだいぶ駄目な人だったんだな。DMは盛り上がっているが、正直友達には言えないけれどあと二回ぐらいでなんとか決着をつけて元のカードバトル漫画に戻してもらえないものかと思っている読者と語り合いたい。キメル、静ちゃんが男前すぎて所々ゴーギャン入ってる。樫本さんの描く女子は可愛くて好きだけど、セックスアピールの薄い女子は苦手なのかなあ。話は王道一直線で好感が持てる。ゴロロ、テスト中に途中退室したら戻っても続けられないだろう。でも実はあらかた解答してあって今回もヒロシが一位をとっちゃうといい。別冊のポケモンBW、捕まえたばかりのポケモンてセンターに持って行かないとHP削られたまんまじゃないの? 最近のはそうじゃないのかな。ああ、あと本物のドラえもんはやっぱり面白いなと思った。

学年誌についてもまとめて書こうと思ってたけど書く機会が来るとまとまらない物だなあ。あれ、もしかしてガクマンプラスも今日出てた? 本屋で見かけなかったなあ。

ちょこっとだけ。漫画の別冊が無くなってとっても読みやすくなった。ポケスペ以外は別冊だけしかよく読まなかったりもしたので他の漫画も読めるなあとか。やはり他の雑誌よりも広い横幅はいらないと思うのだが、描く側が横幅を活かす構成を楽しもうとすれば利点が感じられるようになる気もする。単行本にするとき変形でしか収まらなくなってしまうかもしれないがそれはそれ。わざぼー、身体の重要な部分から金化してしまっているように見えたけど大丈夫なのかむむ。ポケモン4コマにいつもの連中がいなくてぱらっと見たとき何の漫画かわからなかったぐらい。新鮮だ。キャラ付け大変だろうけど。

ベイ、お礼を言う銀河に、竜牙に代わってこっちがむねきゅん。竜牙先生ちょうかっこいい。満を持してと言うか、飢餓感煽られたというか。竜牙は何をやっても全部アリ。でもまた当分出ないのかな? 大道寺さんのアタマが正宗様とコンパチ。大道寺さんは何がしたいのかよくわからないひとだな。皆しんでしまえ系か覇者系か。まんがのためだけに超灼熱ガイドブックほしい。でもPSP版ふろくのベイはあんまりかっこよくないなあ。ペンギン、IKKO的ベッカムちょうきめえ。ダンボール戦機はPSPよか3DS向きな気がするけどなあ。つかSCEのステージでDS版二ノ国の宣伝をする日野社長ちょうイケメン。キメル、女子が主人公をスカウトするのは少年誌っぽいな。ロングスリーパーから勝負が始まるのは好印象。じーさん、校長の財布の中身はきっと数円なんだろうと思った。イナズマイレブン、まっ、こういう話もあるよな。と読後すぐに思った。ホントにじいちゃんが生きてたらだいぶトンデモだとも思った。原作知らないけど。モヒカンくんは良いとこで効いていて好感が持てる。ケシカスくんはゲームの漫画も面白い。こういうのが対戦のダイゴミだよな。お菓子刑事はバ部のおかげで実質ページ減が悲しい。このくり、胸に詰まりそうな予感。爆丸はそのうちライチが捕られるというかヒロインポジになったりするんだろうか。ビー太、エアWiiキネクトMoveをやりきったら凄かったのに。つかゲームが面白そう。DM、というか大先生、大丈夫かなあ、と、ここんとこ思っている。危ういなあ。ゴロロはノンストップアクションとか扉に書かない方が楽しめた。ポケットモンスターがスムーズに地方が変わってややびっくり。ジョーカーをデスノートと書いたら負けなんだろう。ガットは希望の芽が出てきた。ちょうがんばれ。

さっきかえった。

| トラックバック(0)

のでコロコロの感想はきょうっつーかあしたっつーか後でねー。もうほとんど読んだけど。カセキホリダーがなんか今時のゲームみたいになってるのでかえって印象に残らない気もしている。クロスファイトビーダマンもパッケージ開けてないしなあ。ドヨで買ってきた。おいらが品選びをしているときにやってきた、お兄ちゃんとお父さんが爆丸にしろという中ビーダマンを掴んで離さなかった弟くんに幸あれ。おいら爆丸はガチャガチャのしか持ってないです。二個。

クリエイ太が連載になってやったーと思ったらまたおわりて。そのわりにみんなのゲームアイディアを待ってるとか書いてあるしどうなんだ。毎号こっちをやきもきさせる作戦か。今回もツッコミどころ満載だけど面白いんだよなー。ゲームのネタを絞り出すのが限界って事なんだろうか。つるセコに戻らないで頑張っていただきたい。でも大人気御礼でみんなのアイディアを詰め込んでゲームを作ることになったよ!! とかいう流れも禁止。成功した試しがないから。ポケモンBW、最初から三人で旅というのは新しい気もする。新しいシステム紹介っぽくなるのかな。あまたのポケモン漫画の中でどう特徴を出すのか、ゲーム発売後数ヶ月までの短期連載狙いなのかまだ読めないけれど、ありがちな最初の一匹にこだわった展開は実際のゲームとかけ離れるから避けて欲しいかも。今回のペンギンは面白く読めた。ベッカムメインじゃない方が好きかも。レッツイナズマイレブン3はゲームと実際のキャラが区別しにくく画面がすっきりしていないので読みにくく感じたけど頑張ってちゃんと読んだら面白かった。ブレーダーDJはよかったな。こういうお話大好き。つかお子さんはいいなあベイ太で遊べて。同じように出来ることならB-太で撃ちまくりたいぜ。ベイ&DMのギャグ外伝、おいおいいいのか? と思ったけど面白い。ケシカスくんはボウズのイケメン顔が面白い。反復横跳びサイコー。カナタ、港さんはもちと魚紳さんっぽければいいのに。それよか、どうもカナタの笑顔が違和感あるなあ。楽しくて笑ってるわけじゃなくて筋肉を笑顔に動かしてるっーか。ゴゴゴはゆで卵をつつきたい。ゲッテンカはオチが好き。DFKは日向小次郎の寝ながら考えたを思い出した。ボルタはイイ顔してる。当然続くんだと思ったらこれもおわりでビックリした。ドドドよかずっといい掴みしてると思うのに。ブチカマシが終わって残念だ。でもとても面白かったので連載に感謝したい。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちcorocoro2010カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはcorocoro2009です。

次のカテゴリはcorocoro2011です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    follow me on Twitter