corocoro2005の最近のブログ記事

任天堂のカンファレンスのおかげで書こうと思っていたネタが全部ぶっ飛んじゃったけど、今号は結構堪能しましたよ。たっぷり読んだ気がしたもの。デュエル・マスターズは勝利様がかっこいいまま生死不明になったしやっぱり巧いなあと思った。最終回あたりに生き返るのか死んだことになるのか。ただ、ザキラの笑い顔が変です松本しげのぶさん! もっとかっこよく描き直してくださいどうかお願いします。デュエル・ジャックは元の調子に戻っていつも通りに面白かった。良かった。前回は何だったんだろう。クラッシュビーダマン、カラーの扉絵がかっこよかったな。切り抜いて飾ろうかしらと思ったり。でも『禍神』には笑ってしまった。そう来たかー。友情置いてきぼりにならないようにと前回書いたけど、今回でそこをあっさりクリアしてしまった気がするのですげえ。まだ仲間が出来たところだけど。次号が楽しみ。ミラクルボールは凄くいい話を読ませてもらった。結局三振するところが良いよね。つか、荒木君と昔のメンバーは野球に求めていることが根本から違ってて、その解決にカネでヒットマンを雇い邪魔な奴を始末するというえぐい仕打ちをうけてすっかりやさぐれてしまったわけだけど、これってみんなで荒木君を囲んで苛めるのとどっちが酷いんだろうと考えてしまったよ。いや、そう言うこととはベクトルが違う話だとわかってるんだけど。自分の手を汚さない分、勝者の会に頼んだ方がやっぱり悪いんだろうか。結局ばれてしまったけれど、誰が荒木君を追い出そうとしているかを隠してあげたことは実は優しさだったんだろうか、とか。勝者の会は敗者を見下すと言うよりはそういうヒトのしがらみをあざ笑う集団なような気がした。良い話と言えば、どっかで見たことがあるようなないような気がする漫画が載ってるギャグコロコミックのケシカスくんがすげかった。えっ? ええーーーっ!! て。いきなり離婚ネタ、しかも大マジでボウズんちの離婚問題って。なんかちょっとさあ、もう永久保存版。なんでギャグコロなんだろうコレの掲載先が。でも、他に掲載されたらシャレにならない気がするから良いんだろうか。コレを描く理由が何かあったんじゃないかなあと妄想してしまう。ビックリしちゃったで賞。イチヂクンはえろい。勝ち抜きバトルの真の勝者はヤハラちゃん夫婦だよなあ。何かあげた方が良いんじゃないだろか。ヤハラちゃんと谷が出てくると嬉しいもんなあ。

IMG_0720.JPG

小学館様へ。21日昼過ぎにサッカーコーナーから飛んできたボールが右腕に思いっきり当たり、とっっっても痛かったです。打撲傷です。どうしてフェンスがあんなに低いんでしょうか。何故会場の端で行わないのですか。もし幼児に当たったら、最低でも鼻血は出ると思います。運営の仕方をもっと考えてください。

っつーことで。すっげー腹立ったよ? 蹴った子が下手だとかじゃなくて。だって子供なんだから仕方がないじゃん。それを見越して会場作るだろフツー。前はもっと囲いがあったと思ったんだけど。猛烈に抗議したいのをぐっとこらえて帰ってきた。大人だろ。朝のTV占いでアクシデントが起こると断言されちゃったら、こんな事が(;´Д`)もー痛いったら。京葉線が本数30%減になるほどの雪だったしね。仙台積雪ゼロなのにさー。笑っちゃう。会場の中は汗が出るほど暑かったけど。そう、すげえ人出だったのら。雪なんか関係ないって。いつも通り。

つーわけで、アイアンフェザー完売だったヽ(´ー`)ノちぇーっちぇーっ。明日アキバで買おうと思うよ。また新幹線に乗るんだよ土日きっぷだから。響鬼さんの最終回見たら旅立つよ。結構かなり足腰がたがたよ。帰りしな18時から店で働いたしさ。

ブリッツガルーダの限定は、先行限定商品販売会場だけじゃなくてタカラブース内でもバンバン販売していたから買ってきたよ。現物見たら結構良かったの。スモーククリアって、あのコ汚い(失言)茶色っぽいくすんだ色を想像していたけれど全然違ってオリジナルカラーの氷砂糖色で綺麗だった。通常版レモンイエローのビーダマン本体より数段イカス。今回、貸出機も全部ブリッツガルーダで、主人公機のマグナムイフリートをプッシュする気があんまり感じられない。限定品をそんなに売りたかったのかな。

B-Fight!!用のレポートを書くために覚えてることを無造作にかいとく。新しい司会はクラッシャーBB。声が同じな気がして最初ジンが別のコスプレになったのかと思ったけどどうも違うっぽい。身長がちとでっかい気がする。おいらもいいかげんだな(;´Д`) 人を見分けるのが苦手なんだよ。話しぶりの芸風も違う。全身紫のレザーでなんだか色合いがシュトロムグリフォンみたいに暑苦しいコスチュームだぜ。デニムのベストを羽織ってるけど。あまりの出来事に上から下まで何度もじろじろ見てしまった。最後は慣れたけど。お姉さんは今日もツインテールがかわゆくて感激。お姉さんがいればビーダマンブースは安泰。多分21日は終日体験会。式次第はビーダーの行列で全然見えなかった。ここんとこWHFは毎回このパターンね。クラッシュタワーバトルに勝つとスタンプ2つ。負けると1つで5コと15コ集めるとくじ引きチャンス。賞品は4種類でうち2つが限定物。限定物はよく見えなかったけど(だって箱が白箱)、通常物はトリプルランチャーを確認した。体験すると限定のトリプルランチャーが貰えたのにね。たとえはずれても当たるまで何度も引かせてたっぽく見えたけれど、どうだったんだろう? BBとお姉さんがブース角のちょっと高くなったところでしゃべってたんだけど(兎に角ブースが狭い)、そこにある競技台でバトれるのは競技台の準備(崩れたクラッシュタワーの組み立てはかなりめんどくさい)が出来たときに列の先頭だったビーダーというかなり運のみ運営。昼からはその台だけは二丁ビーダマンで、マトも通常より一段高い高層クラッシュタワー仕様。制限時間2分。アイディアはわかるし、せっかくの銃型機体だから私も実際見てみたかったんだけど、腕にクラッシュウェポン(貸出機はグレネードショット)がついているから、ただ単に2機のトリガーを操作するって言うわけにはいかないんだよ。も一個発射機構を動かさなきゃいけない訳。2丁にすると、トリガーが4つあるっつー状態ね。両腕につけりゃトリガー6つになっちゃう。ややこしい。だから二丁にするなら連射仕様(ブリッツガルーダにローディングマガジンではなくバトルビーダマンのマガジンをつけた方が良いみたい)で通常弾撃ちまくりがしっくり来るんだけど、狙いが定まらない場合、クラッシュタワーバトルに限って言うとグレネードショットの破壊力はかなり有効なのでどうしようか(^_^;) つか、瞬殺できるビーダーは二丁でも一丁でもあんまり関係ないんだけどな。JBA側もまだ試行錯誤中のようで、給弾中にクラッシュタワーに触れて自爆したビーダーが出たとき、次のバトルからタワーの位置をシューティングエリアの前方に変えたりしてた。ああ、タワーの置き場所が片側に寄っている(双方観客側にあるから、競技台に立つとターゲットの位置が向かって右と左にある…あー莫迦すぎてうまく説明出来ねえー)から、狙いやすかったりそうじゃなかったりの不公平感が有るんじゃないかなあと思ったなー。

あー、ぶつ森の村長さんからのプレゼント、アレは酷いね。ボトルメールを流してすれ違い通信をすると配信されるんだけど、あたりにいる客全員がすれ違い通信をするから、どんどん客同士で取っちゃうんだよ。任天堂様の電波だけを受け取りたいのっ!! と念力を込めても、どんどんハズレメールが来る。係のお兄さんと話して、電波は任天堂ブース周辺に届くようになっているからちょっと離れた方が良いよね、と言うことにしたんだけど。それでもだめら。手順がめんどくさいし、ボトルメールだって無料じゃないわけで、3本であきらめました。こんなので破産したくないよ借金返し終わってないんだから。

爆球HITのコロコロ場外応援団に全く読者の名前が書かれていないのはどーしてですか? と聞いたらいけないんだろうか(^_^;) というのはともかく、連載第二回も好調だったので漫画の爆球HIT!クラッシュビーダマンを応援することに決めました。ちょっとドキドキした。この次はどうなっちゃうんだろう? と思わせるためにすごく頑張ってるなーと思った。もともとビーダマンがない世界なのも良いと思う。1月号から通して読むとさらにイイナ。早く単行本が欲しい。結構まとめて読みたいと思わせる作品は少ないので貴重。ビーダマンの火力がでたらめに強いのも許す。ただ、このカワイイ顔で月野コン太というネーミングセンスはどうか、と、サラサラそうなのにどんなに動いても流れない前髪はちと違和感よ(^_^;) ストーリー展開優先で友情置いてきぼりにならないようにお願いしたい。あー、アニメを応援するかどうかは微妙。やっぱり漫画に比べるとかなり落ちる。2話を見て考えるけど。

デュエル・マスターズ、コロコロなのに親父が巻頭カラーで戦う漫画はかなり珍しいんじゃないだろうかと思った。でんぢゃらすじーさんを除く。勝利様はどうなってしまうのでしょう。親父が白鳳を更生させるわけにも行かないし白鳳にサツヂンさせるわけにも行かないだろうし。そのころの勝舞に場面転換しちゃったりして? デュエル・ジャックは、あれ? と思うぐらいアレだった。いつもの調子に戻ってくれないかな。じーさんは、絶対4番に投票すべき。ケシカスくん勝ち抜きバトルのHG頂上決戦は、投稿した子たちが何か新しい技を書いて送ったら有利になったりするんだろうか。さっぷくんの録画テープ募集はちょっと危うく感じた。最近のコロッケ!とロックマンエグゼは永久パターン状態。永パ防止キャラは現れるのか。星くんは別冊と違ってじーちゃんと戦う事になったから次回に期待。こないだミラクルボールの3巻を買ってきたんだけど、2巻を買ったのかわからなくなってしまった(^_^;)

前号はB−伝説!が終わったことしか書かなかったなあ(;´Д`)今回もざくざくっと。
 ぬかづけな別冊付録から本誌連載開始の推理の星くん、線にキレがもう一声欲しいよなあとは思いつつも、けっこう強引な謎ときをパワーで最後まで読ませてしまうところがスバラシイと思いますよ。実際ケーサツからはそう簡単に逃げられないけれどまあ許せるさ。オリジナル物なので頑張って欲しい。最近でんぢゃらすじーさんとケシカスくんが面白さを戻してきている気がする。今回のケシカスくんはイケメン顔だけで笑っちゃう。勝ち抜きバトルは前号のポピーオロゴンには笑わせて貰ったけど、今号のかぶりまくるHGネタを没にせず3ついっぺんに使用するところにシビレる。デュエル・マスターズ、R&Sはイイ幕引きだったな。次号の勝利−白鳳戦が楽しみだけれど、案外戦いの模様は見せてくれなかったり? ミラクルボール、この世界では宮本不滅以外の出来の良い奴は性格が悪いのだろうか。パターン化しなければいいのだけれど。コロッケ!はドラゴンボール的に人がバンバン生き返るようなことになってはいけないと思うので、そろそろ歯止めが必要か。キヨハラくんの次の主人公を考えてみたけれど野球に詳しくないのでシンジョーしか出てこなかった。ダンガンレーサー秒殺時代突入宣言って、ミニ四駆PRO投入でダンガンが秒殺ってネタかと思った(^_^;)

なめ猫が前号から出てるんだけど、当時動物虐待の抗議でヤメタんじゃなかったっけか。関係者逮捕が原因だっけか。今回はその辺大丈夫なのだろうか。

サウナの中でコロコロ読んでて鼻血吹くかと思った。あービックリした。ちょっとトートツ。ビーダー人口も戻って来つつある今、なんで? とも思ったけれど、まあ、漫画としては潔かったかな、とも。目次ページに、今まで応援ありがとう! 的なことが書いてないのでこれからどーなるのかはあんまり考えないことにしておく。つか、犬木さんの日記を読むと、センセー大丈夫? と心配になる。ほんとに大丈夫なんだろうか。ビーダマン自体は来月新展開らしいので、ビーダマンを完全放置して騎刃王に販促をシフトするなんて事は無い様だ。でもカートリッジシステムが始まったばかりなのになあ。とりあえずためておいたアニメを見て在りし日のB−伝説!を忍ぶことにしよう。といいつつまた炎魂3話を見る私。

 ダンガン狼が終わってしまった。仕方がない気もするけれど、野性味溢れる、ちょっと毛色が変わったレース物を見せていただいた。毎回ずどどどと大勢で走りまくって一話にレースが3つぐらい詰まっているような勢いのスピード展開ならもっと面白かったかも。いや、ホントに3つも詰めたらだめだけど。
 ミラクルボール、誰を連れて行くのか次週まで引っ張ったところが上手い。連れて行かれるんだろうか。
 ケシカスくんが前号のふろくからまた面白くなってきたかも。ザキラとの戦いは何度も読み返したよ。ヒロインかと思っていたミナコが結構黒いのでとてもイイと思った。と言うか、HGネタをいつコロコロ作品が使ってくるかと待っていた。親が説明出来無いから無理かなあと思いつつ。
 B−伝説!が急展開で突然面白くなった。いや、ゴメン。でも本当の両親に会う話、ヤマトが最初に旅立つときにミエちゃんが背中を押してたと思うんだけどなあ。手元に単行本がないんで確認とれないんだけど、どう?
 デュエル・マスターズは切札勝舞以外暗い目の奴らばかりになってしまった。ちょっと鬱陶しいのでちゃっちゃと倒して欲しい。付録がDMを今から始める人たちへ向けで、ハンデを埋める製品にデュエルも世代交代の波が来ていることを改めて気づかされた。タイヘンだなあ。私もカードゲームが全然ダメなのでルールはざっと読んだ程度しかわからないから、付録をじっくり読んで勉強してみたけれど「…タップって、何?」いきなりつまづいた。全くの初心者を対象にしていると思われるので基本中の基本も冒頭にわかりやすく書いておいてください。

昨日別コロを買ったのだけれど、本誌連載陣が多くて、あーなんか読みやすくなったなあーと油断していたら、ボンバーマンが終わってしまったよ!! なんてこったい! 別コロを買ってる大きな理由がぁ! 今回はこれにつきる。12年も爆発一筋でやってきたのだから、巻末カラーで終わらせてあげたってよかったんじゃないかしら。つか単行本6巻早く出してー。

新しく始まったDMファイター焔(ほむらじゃなくてほのおなのね)、主人公がDMの世界に突然来てしまって〜というありきたり物かと思ったら、実は現実社会で嫌われ者という設定が心をぐっと掴んだ。絵柄もイイと思う。ただ、メンテがややうさんくさい。主人公になつく理由が弱く感じた。彼に裏はないのだろうか。もうちょっと回を重ねればそんな疑問もなくなるだろうか。

とりあえずこの辺で。足すかも。足さないかも。

今帰ったよー。へとへと。コロコロ8月号をちょこっと。もし宮本不滅が変な組織に連れて行かれたりすると、一気にヤバイ事になるかも知れないぞミラクルボール。すべてが台無し警報。それもミラクルで乗り切るだろうか。390ページの空振りする宮本不滅はかっこいい。ホームランシーンではなくあえてこれを今号のベストカットに選んでみる。

でんぢゃらすじーさんは貴様が負けたらうんこと結婚しろが笑った。後はいつも通り。ケシカスくんは勝ち抜きバトルがDS取られたら終了宣言をされてしまったのでショック。本編より面白いのに! サゾエ〜。

コロッケ!は最近説明台詞が多い? もうちょっと絵で見せてくれていた気がするんだけどな。毎回殴り合いの絵に説明台詞で話が進んでいくような印象だ。誰かの戦いをコロッケが観戦している状態だからか。ぐっとテンションが低くなる。主人公が動いてこそのまんが。

バトルビーダマンの日本一決定戦、関東大会が9時開始ってあーた、おいらに東北新幹線の始発に乗れと! おっしゃるのですか!! …わかりました(;´Д`) つか、クロムハリアーの限定ブルークリア、ノーマルがいつもの黒基調じゃなく真っ赤でかっこよかったため、結構ぐらついてます。むむう。限定を買えたら買って、ダメだったらノーマルにしようかしら。

バネ3つ。

| トラックバック(0)

104 インパクトシャーク

会社休んだ。昼はパパにパソコンを教え、夜はAmazonさんから買っていたビーダマンを組んでいた。リボルバーハデスはまた売り切れたみたいだ。今回買えたのはラッキーか。つか、Amazonさんは在庫切れが多すぎる。

今回組んだ中で気に入ったのはインパクトシャーク。撃った手応えがたまらん。おぅあぁぁ!! って感じ。なんだそれ。ペットボトルマガジンをつけて撃ちまくりたい。ストライカーコアを作りへぐって最初は弾が飛ばなかったのはナイショ。ややこしい構造ながらばらしやすくて助かった。色合いとバイザーはあまり好みではないので、ストライカーコアを別色で出して欲しい。間もなくカートリッジシステムに移行してしまうので無理だが。インパクト弾は一撃で傷が付いた。

パーフェクトタイプで期待が大きかったリボルバーハデスは、マガジンが思いの外握りにくて意外だった、おいらの手の大きさは小学生並みかと思っていたんだけれども。投入口の角度もあんまり好みじゃない。トリガーが長くて連射が難しいし。思ったよりパワーもない。ノーマルトリガーのクロムレヴァンサイクロンのほうが撃ちごたえがあった。ワンハンドショルダーのグリップもフィット。クロムにはワンハンドトリガーが似合う気もするけれど。

ビーダマンを組むときの一番の苦行はシール貼り。幅1ミリぐらいのもある。そういうのは大抵後で剥がれるんだ。だので細かいへこみや許せない場所には貼らないんだけど。それでもツライわー。輪をかけてリボルバーハデスのは型抜きが甘くくじけそうになった。もそっと貼りやすくはがれにくいシールを希望しますよ。

 グラビアページの桑田が怖いです。と冒頭に書きたいぐらい本を開いてビビった。
 DM、黒城を勝たせてキャラを生き残らせたね。うわー生き延びちゃったよー、と思った。どっちに転んでも彼に明るい未来があるのかどうか。DJのハギーはおいらも覚えてなかったよ(^_^;) しげかつさんが描く大人の女はえろいろっぽいなあ。アハハ。
 ミラクルボール。宮本不滅以外は金や物で釣って釣られてばかりの子供達なんだなあ。というよりも、江夏のとーちゃんは山内溥元任天堂社長のように身内に社長は譲らないと公言すれば子供もゆがまないんじゃないかと思った。
 B−伝説!は、出場権を簡単に譲っちゃうのでどうかとと思う。リエナちゃんがグレイに譲ったときも首をかしげたが、今回のツバメがヤマトに譲ったのもどうかなー。最初っからヤマトとビアスでやればいいやん。

 コロコロイチバン!読みました。すみません次号は遠慮しますですハイ。やっぱりすごく読みにくい。コロコロサイズなら読みやすいんだろうな、と思う。いや、コロコロサイズなら許せるというか。B5で見るには絵が苦しい作家さんが多いデス。ネタも辛い。わざぼーが単行本収録されることを祈ってまス。

B−伝説!バトルビーダマン 燃えろ!ビー魂!!

 B−伝説!バトルビーダマン炎魂発売に向け最初っからやり直しているよ。Killer7をほっほらかしにして。あーもー全然やってねえ。攻略本買ってきたけど。ゴメン。
 最初っからやり直すときは『システム』の『データリセット』ね。ちと悩んだ。で、俺のためにゼロコード表メモ。月刊コロコロコミック2004年11月号掲載分。そのうちB-Fight!!にもちゃんと納めるよゴメン(;´Д`)  前にも書いたけれどおもしれぇんだこのゲーム。ファミコンプラザ様によると再生産を繰り返して長ーく売れているそうだよ。まだの方は今のうちに是非。新作はプレイヤー(というかヤマト)も成長するようなのでたのしみ。

・ブロンズパス(パーツショップ開店後)
ビーダマン!(1000ビーロ)
ヨクエイマル(2000ビーロ)
ビーファイア(3000ビーロ)
アツイホノオ(ブーストマグナムアーマー)
オオキナタル(ペットボトルマガジン)
ハガネノアシ(アイアンスタビライザー)
コケコッコ!(コッコバレル)

・シルバーパス(ウィナーズ会場到着後)
バクエンノヤイバ(フレイムブレード)
ウナレアツイカゼ(烈風丸)
ハジマリノチカラ(プログレスワン)
ヤセイノオタケビ(タイガーバレル)
カクレサレタツルギ(ステルスブレード)
ウミノオクリモノ(アクアゼファー)

・ゴールドパス(1回クリア後)
ミドリイロノゲンエイ(エメロードミラージュ)
アツキカミノイカズチ(剛雷龍)
テンクウノクロイカゼ(撃剛龍)
オサカナダイスキニャ(ニャンコバレル)
モウヒトツノアンコク(スピリットドラゴン)

次世代ワールドホビーフェア

昼飯屋で昼飯が来るのを待ちながらコロコロを読んでましたよ。前回の行列でもう厭になっていたから、今回の次世代ワールドホビーフェア(WHF)は土曜日だけ(25日は今賀さんのサイン会もあるんだー。当然ムシキングで。並んだりはしないけど。かつていただいたことがある大きいお友達はお子さん達に権利を譲ろうゼ)観戦して、日曜日はアキバでブラックタピオカ入りアイスティーなど飲みながらまったりしよう、と画策していたのに、うあぁぁあ!! どうなってんだコバルトブラスター!! 本体デザインはいつも風味だけど、このカートリッジが! どう填まってダブルバーストになるのか見たいやりたい確かめたい!! 今すぐ欲しいー!! あらゆる角度から食い入るよーにページを眺めてるのに、店のねーちゃんがオーダーを間違えて持ってきたりするのがわずらわしい!! 今忙しいんだからほっといてくれと心底思った。うーんうーん、どうしようか。幕張メッセ1周させられてかつ先行販売会場に3時間並ぶのは辛すぎる。4時前に販売会場入場フリーにならないだろうか。しかし売り切れてたらどうするよ。WHFは毎回そんな事を考えただけで疲れる。しかし実際出かけていくと想像を超えるので異常。当日嵐でも来ないかな。それじゃ新幹線が止まるか。もうすこし人の流れを工夫しようとは思わないのだろうか。進歩どころか退行しているかも。

バトル中に状況に応じてダブルバーストへチェンジなんて事が書かれているけれど、そんなに簡単にカートリッジを押し込めるのだろうか。ギミックとしては面白いけれど主人公機にダブルバーストを持ってくるとは予想外だったなあ。かつて某有名模型メーカーの人とダブルバーストに関して話したことを思い出すよ。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちcorocoro2005カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはcorocoro2004です。

次のカテゴリはcorocoro2006です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    follow me on Twitter